ColorPyxis Craft Series 色彩/視覚実験プラットフォーム

ColorPyxis Craft シリーズ

ColorPyxis Craft シリーズは、色や光を使った実験のためのプラットフォームです。ワンボードマイコンArduinoをプログラミングしたり、LEDを交換して発光波長を自由に変更できます。ユーザーの方の実験目的に応じて柔軟に対応できます。

Solution Craftシリーズ使用例

簡易LED電子色票

世界標準規格(現在策定中)対応の上位機種ColorPyxis CP1000の技術を応用、簡易LED電子色票として使うことができます。簡易とはいえ、16原色スペクトル合成により、ほぼすべての物体色のスペクトルを再現することができます。

メタメリズム実験用光源

ある光源下では同じ色に見えるふたつの印刷された色票が、別な光源では異なる色に見える。このようなメタメリズムの実験用に特殊なスペクトルを作成、次々に切り替えて実験することができます。

CP130スペクトルLEDボード

CP130スペクトルLEDボードは、砲弾型LEDを48個まで実装可能なボードと、LED駆動回路および電源回路が搭載されたボード、そして制御用ワンボードマイコンArduinoが一体になった製品です。Arduinoのプログラミングや、LED交換により、ユーザーの方の実験目的に応じた発光装置になります。

また、スペクトルミキサーCP140と組み合わせることにより、CP130に実装されたLEDの様々な波長の光を一様に混色させ、色彩実験のための色を自由につくることができます。

仕様

LED駆動回路 独立16チャンネル
LED実装可能数 3個/チャンネル、最大48個
実装可能LED 順電圧4.0V以下の砲弾型LED(Φ3,Φ5)
LED輝度制御分解能 12 bit
順方向電流 約12 mA 固定(すべてのLED)
マイコンボード Arduino uno R3
コンピューター・インターフェース USB 2.0
構造 95 mm x 75 mm基板の2層構造(Arduino装着時は3層)
電源 ACアダプター(付属)

寸法

CP140スペクトルミキサー

CP140スペクトルミキサーは、直方体の形状をもち背面にCP130スペクトルLEDボードを取り付けられるように設計されています。CP140内部には、バッフル板と透過型光パネル2枚がLEDの光を一様に混色させます。混色された光は、前面の開口部(直径30mm)に表示されます。

仕様

材質 アルミ
重さ 300g
塗装 外面黒色塗装、内面白色塗装
開口部 直径30mm
機構 拡散シート2枚、バッフル板1枚

寸法

LED packLEDパック

発光波長の異なるLEDを10種類以上揃えることは、入手先も多岐にわたるため、案外手間暇のかかるものです。 LEDパックは、発光波長の異なるLEDをまとめたものです。16種類の発光波長をまとめた「波長数優先タイプ」と、 波長数は少ないがスペクトル合成による色をつくりやすい「色再現性優先タイプ」があります。

波長数優先タイプ

発光波長数16、各3個、合計48個

中心波長 個数
405nm 3
430nm 3
450nm 3
470nm 3
490nm 3
525nm 3
535nm 3
570nm 3
590nm 3
610nm 3
624nm 3
645nm 3
660nm 3
680nm 3
700nm 3
電球色 3

注:LEDの特性により、同じ電流を流しても発光波長により光量にかなり差があります

色再現優先タイプ

発光波長数12、合計39個、各LEDピークがなるべくそろうように波長個数を選定してあります

中心波長 個数
405nm 3
430nm 1
450nm 1
470nm 2
490nm 3
525nm 3
535nm 6
610nm 2
624nm 2
645nm 2
660nm 2
電球色 12

Software ソリューション・ソフトウェア

「簡易電子色票」や「メタメリズム実験用光源」などの実験ソリューションを実現するためのソフトウェアを順次公開します。